2016年6月15日水曜日

6/26ほんの森例会

■ 6月26日(日)午後1時30分~ほんの森にて(会津学研究会例会)
「中世の塔寺とその周辺~若手研究者・遠藤ゆり子著作を読む」

---
今年の1月に吉川弘文館から『東北の中世史4伊達氏と戦国争乱』が刊行されました。

編者は遠藤ゆり子さんで、1970年、山形市生まれで、父は会津出身。立教大終了後、弘前学院大の講師を経て、現在、淑徳大学准教授。
本書より編者執筆の「戦国の町村」(『東北の中世史4』242-255P)を読みます。

また、この3月に出版された遠藤ゆり子さんの単著『戦国時代の南奥羽社会』から「戦国大名蘆名氏の成立と山野境目相論」の一部も読みます。

いずれも、中世の塔寺地区や、八幡宮長帳裏書資料に基づかれ論考が行われています。


---
4月、5月と『会津物語』の背景を深めましたが、これについても参会者との懇談をいたします。
※資料準備の関係から、事前に奥会津書房の遠藤由美子さんまで申し込んで下さい。


--------
※ 当日は古川利意先生(91歳)も参加されました。(6/26追記)。




菅家、古川先生(右)
-----------
7月17日(日)13:30~
 シンポジウム「高寺の謎にせまる」(本の森館長企画の講座)
 講 師:古川利意先生
 参加費:500円

 → 会津坂下町塔寺 ふくしま本の森FB



2016年4月28日木曜日

5/29(日)午後、例会、ほんの森 会津坂下。6/26(日)も予定。

4月10日の会津坂下塔寺の本の森での第1回公開講座(会津学研究会・例会)。

それを受けて、10日にうかがった話の意味を検討、解説、議論します。4月21日に話者宅をはじめて訪問し、不明な部分をさらにうかがいました。

★ 5月29日(日)午後1時30分より


 6月26日(日)午後1時30分より


 その後は、農繁期(かすみ草生産)となるため、菅家博昭が担当する会は、秋からの予定です。

  → ふくしま 本の森 サイト
 

  → ふくしま 本の森プロジェクト FB

 ----------------------

  4月10日の様子(写真)

 



2016年4月4日月曜日

2016年4月10日午後1時30分、会津坂下町塔寺 本の森にて 例会開催

■2016年4月10日(日)13:30より会津学研究会例会「聞き書きの技法(1)」

場所:ふくしま本の森〈会津坂下町旧八幡幼稚園 立木観音そば)
『会津物語』(会津学研究会編、赤坂憲雄監修、朝日新聞出版、2015年)の語り手のお一人、飯塚保氏に、話の周辺を詳しくお聞きします。
聞き手 会津学研究会 菅家博昭(昭和村)

資料代 500円 (本の森の会場使用料に充てます) 
是非ご参加ください。

2015年7月26日日曜日

8月6日午後6時、会津若松市内にて会津学研究会例会(『会津物語』発刊について)

■ 7月18日から、南会津町糸沢 奥会津博物館で、『企画展・奥会津の縄文時代 ~ ブナ林に育まれた文化』が開催されています。
■ 当方は8月1日、2日と新潟県十日町市へ。1日の午後の民族文化映像研究所制作の映画会(3本上映)に参加しますが、当日以下の行事も行われます。
■ 8月6日(木)午後6時、会津若松市内にて会津学研究会の会合が行われます。

 8月7日に赤坂憲雄監修『会津物語』(朝日新聞出版、1728円)が発刊され、その件について。

 事務局の遠藤由美子さんが進行します。朝日新聞福島県版の木曜日に3年ほど108回連載したものです。

・『会津物語』出版報告
・『会津物語』出版記念会について
・『本の森』プロジェクトについて
 7月26日の「春よこい」(奥会津書房文化事業2)上映会も三島町名入 山びこで開催されます。
20150724aizumonogatari
■赤坂憲雄さん 東京都小平市にて講演会
  遠野物語から会津物語へ
  9月13日(日) 午後1時30分~3時30分 (開場 午後1時)
  東京都小平市中央図書館 3階 視聴覚室   (定員 80名)
  入場無料
  申込不要 (但し満席の際は入場をお断りすることがあります)
  主催 小平図書館友の会
  後援 小平市教育委員会
 朝日新聞福島版に連載された聞き書き『会津物語』を中心に
 東北とのかかわり、東北への想いを語っていただきます。
 『会津物語』とは、会津のいまに生きる人々が体験した、
 あるいは家族から聞かされて育った事実譚を集めたものです。
 キツネに化かされたり、地蔵が子どもを助けてくれたり、といった
 不思議なお話の群れ。どこか遠野物語の世界のように、妖しく、
 懐かしい物語ばかりです。
 『遠野物語』から『会津物語』へと、見えない繋がりを求めて重ねてきた
 協同作業の結晶です。
 (赤坂憲雄+会津学研究会著として朝日新聞出版から出版の予定)
 → 主催者ウェブサイト


 
■8月5日、奥会津書房に1冊届きました。帯の推薦文は高畑勲監督です。
  




2015年7月7日火曜日

2015年7月9日、都内にて赤坂憲雄さんと竹島善一さんの対談

対談「足元を深く掘ること。そこから未来の萌芽を見出すこと。」
開催日:2015年7月9日(木) 19:00~20:30
登壇者:赤坂憲雄氏、竹島善一氏
-----  
対談「足元を深く掘ること。そこから未来の萌芽を見出すこと。」

よりよい未来の日本の暮らしの為に、私たちはいま、何を考えどう行動すればよいのか。日本人の来し方行く末について語ります。
開催日:
2015年7月9日(木)
時間:
19:00~20:30(受付18:30~)
登壇者:
赤坂憲雄氏、竹島善一氏
会場:
無印良品 有楽町 ATELIER MUJI
定員:
60名(参加無料)
申込:
要申込
詳細はこちら

----- 
イベント「竹島さんと、おはなししよう。」
開催日:2015年7月12日(日) 13:30~14:30
講演者:竹島善一氏
   
 


2015年4月22日水曜日

2015年5月10日(日)午後2時より、三島町宮下・奥会津書房にて会津学研究会例会

2015年5月10日(日)午後2時より、三島町宮下・奥会津書房にて会津学研究会例会。雑誌『会津学 7号』を持参のうえ、おいで下さい。第7号の読書会となります。

  4月30日に川口高校で行った郷土体感プログラムの講座内容も資料にて説明します。






2015年3月27日金曜日

最終巻の発刊。『会津学 七号』 2015年3月20日

■『会津学 7号』が発刊されました。福島県三島町の奥会津書房刊。
 


■ 『会津学 vol.7』 256ページ、2015年3月15日発行、会津学研究会:奥会津書房編(福島県大沼郡三島町宮下中乙田979)


佐久間庄司 「時の狭間 会津若松市」巻頭グラビア

竹島善一×佐々木長生 「写真を読む 昭和50年代の奥会津」

災害の記憶「新潟福島豪雨災害」(2011年7月末)
鈴木克彦 「只見町の記録」
川口高校3年生「金山町の記録」

小林昭二 「紙芝居で伝える文政4年(1821)の大地震」(金山町沼沢湖を震源、2011年制作・2014年夏川口高校)

渡部サクヨ(渡部和編)「野菜帖 平成24年 85歳~86歳当時」
渡辺紀子「会津物語から見えたもの」(朝日新聞福島県版連載)
田沼隆之「金山町大字山入字山中集落の終焉に立ち会って」
舟木由貴子「昭和村の花嫁行列」

河原田宗興・菅家博昭 「対談:からむしと麻」

佐々木長生 「金山町鮭立の民俗 奥会津の山人・岩渕太門氏(大正4年生)聞書」
長瀬谷百合子 「桶作り 喜多方市 菊地貞吉さん(大正15年生)」
遠藤由美子 「問わず語りメモ 金山町八町 押部明郎さん談(大正13年生)」

菅家博昭 (講演記録、渡辺和テープ起こし)「都市はムラに、村は歴史に学ぶ時代」(2014年8月25日、奥会津大学 柳津ふれあい館)

柳内壽彦 「奥会津の中世」(2014年12月10日 奥会津大学 柳津ふれあい館)

菅家博昭 「地域の調べ方」

菅 敬浩 「上達しない聞き書き」

菅家博昭 「備忘録:草が支えた社会」

遠藤由美子 「終刊によせて」



--------------------


■ ■  「会津の文化を問い直す」

会津はすでにして、静かに偉大である。
徳一を見よ。
古代に、この東北の地に仏教を花開かせた徳一は、なぜ会津を選んだのか。
司馬遼太郎に耳を傾けよ。
近世の会津は、数本の指に数えられる文化と教育の藩であった、そう、くりかえし語られたのではなかったか。
会津農書、藤樹学、自由民権運動、美術倶楽部を、この喜多方は生んだのではなかったか。 だから、いまこそ、静かに、会津の文化力を取り戻さねばならない。(赤坂憲雄)

パネリスト:赤坂憲雄氏(福島県立博物館館長)
       五阿弥宏安氏(福島民友新聞社社長)
       五十嵐源市氏(磐梯町町長)
       菅家博昭氏 (会津学研究会代表)
日   時:4月24日(金)18:00~
場   所:大和川酒造北方風土館(喜多方市)
参 加 費:無料
懇親会費:3000円



-----------


■ 4月5日午後、只見町にてシンポジウム 「太陽の女性」たちが語り合う
 只見町から日本と地球を見据えたエネルギー未来 (事前申込が必要) → 会津電力等主催


 星野恵美子 (水土里ネット那須野ヶ原 参事)
 河口真理子 (一般社団法人 社会的責任フォーラム 代表理事)
 石橋あすか (只見町町議会議員)
 井上保子  (非営利株式会社 宝塚すみれ発電 代表取締役)
 遠藤由美子 (会津電力株式会社 監査役)
 佐藤彌右衛門(会津電力株式会社 代表取締役)
 進行役:飯田哲也(認定NPO法人環境エネルギー政策研究所 所長) 

2015年3月9日月曜日

会津学 7号(終刊) 2015年3月末頃発刊へ

■2015年3月9日(月)


 2月に『会津学 7号』のゲラ校正、印刷にまわりました。

 
 10年間の活動で7冊の出版でした。


 3月1日には会津若松市の福島県立博物館の佐々木長生さんの講演会に、会津学研究会のメンバーも集まりました。
 
 奥会津書房の遠藤由美子編集長はじめ、佐々木さん・赤坂憲雄館長と、懇談しました。
 
 
 朝日新聞福島県版に連載した『会津物語』も出版されます。

 
 
-------------
 
■2014年11月より三島町浅岐地区の集落誌調査(町教委町史編さん委員会)がはじまり、菅家博昭が現地調査を続けています。
 
 2015年3月2日より間方地区での調査もはじまり、鈴木克彦さんの調査もはじまりました。

 その後、大谷地区の調査もはじまります。

 当初の2カ年(本年の秋)で大谷川流域の集落誌の基本調査・概要執筆を終えます。

 近世資料編については角田伊一さんが精力的な翻刻作業をされています。

 
 事務局は教委・川合正裕さんです。

2014年6月10日火曜日

古文書教室(三島町在住 海老名俊雄先生) 6月21日、7月19日、8月23日、9月20日。土曜10時より。三島町名入 山びこ

交流センター「山びこ」において全4回の古文書教室が開催されます。
-------------------------
途中からの参加も可能です。参加は無料(申込)です。
本教室では、江戸時代に書かれた文化三年(1806)『大谷組地志書上帳』、元禄八年(1695)『陸奥国大沼郡大谷組桑原村五人組帳』などを、会津史学会顧問・海老名俊雄氏のわかりやすい解説と共に、少しずつ読み進めていきます。
(※大谷組・・・大谷、浅岐、間方、桑原、宮下、川井、大登、小野川原の各村が含まれます)

第一回 平成26年6月21日(土) 10:00~12:00
第二回 平成26年7月19日(土) 10:00~12:00
第三回 平成26年8月23日(土) 10:00~12:00
第四回 平成26年9月20日(土) 10:00~12:00

◇講師 海老名俊雄(会津史学会顧問)
略歴 1931年、神奈川県川崎市に生まれる。1945年4月川崎大空襲で罹災、会津(現大沼郡三島町)に移住。1949年11月~89年3月まで公立中学校の教員を務める。会津史学会顧問。研究論考を同会編『歴史春秋』に数多く発表。著書に『会津御蔵入騒動と寛延一揆』、共著に『柳津町誌』、『発電所のレッドパージ』、『会津諸街道と奥州道中』、『阿賀川氏』など。現在、会津坂下町、金山町、三島町などで古文書教室の講師として活躍中。
◇参加無料
◇場所 三島町交流センター「山びこ」
◇お問い合わせ:三島町交流センター「山びこ」
〒969-7402 福島県大沼郡三島町大字名入字諏訪ノ上418
TEL 0241-52-2165  FAX 0241-52-2166
【休館日】毎週月曜日、祝日の翌日(月曜が祝日の場合、火・水曜日)
主催 三島町教育委員会 三島町歴史文化基本構想推進委員会

5月11日例会開かれました。

■会津学研究会の例会がありました。5月11日(日)午後1時30分から4時30分まで、三島町名入 交流センター 山びこ。桑原と宮下村の山論(アサ、漆、コウゾ栽培と焼畑)、没後200年となる漆改役川島重英(与五右衛門、会津美里町東尾岐)について。雑誌会津学の最終号の発刊、編集について。6名参加。